白い国籍のスパイ

大好きな開高健氏が絶賛している「白い国籍のスパイ」(J・M・ジンメル著)。
一度読みたいと、ずいぶん前から古本屋や、本屋で探していましたが見つかりません。
いよいよネット通販か?と思い始めた先日、ふと思いついて地元の図書館で
検索したらありました~!灯台元暗し。
161128spy

で、さっそく借りてきて読み始めたわけですが、、、
ネットにある書評も含め、一気に読んだと書かれているものが多いのに対して
自分にはなかなか手ごわかったデス。
日ごろから本はよく読むので、それほど遅読のほうだとは思わないのですが。

たしかに人道主義?の主人公が、次々と現れる危機をうまく切り抜けて行く
という場面、場面は痛快だと思うのですが、、、

多くの人が評価している作中の料理(レシピ)の重要性ついては、
欧米の料理のことはあまりよく分からないし、
当時(第2次世界大戦ころ)の世界情勢もよく分からないので、
登場人物の立ち位置、役職、役割もよくわからないし、
各国の通貨や生活習慣もよく分からないし、、、

結局、読む側の知識が追いついてないのが、楽しめなかった
原因だと思います。こういう小説を楽しめる人が、大人なのかもしれません。

ちなみに、今回「白い国籍のスパイ」について探したら
開高氏の下記のエッセイ集に書かれているのを見つけました。
白いページⅢ 期待しない(角川文庫)
最後の晩餐 スパイは食いしん坊(文春文庫)
巷の美食家 スパイは食いしん坊(グルメ文庫)上と同じ

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

今月号('13年3月号)のBASSER

このテーマ、前回が'12年4月号だったので約1年ぶりです。

1年も開いてしまったのにはわけがあって、昼休みに雑誌を読める
環境ではなくなってしまい、いつもやっと1ヶ月遅れくらいでBASSERを
読んでいたからです。

結果的にここに記事を書けるタイミングが「先月号」のBASSER(^^;
になってしまい書いていませんでした。
だいたい雑誌なんて、ちょうど出る頃に役立つ内容なので1ヶ月遅れで
読んでも「来年」にしか約に立たないわけで、そのサイクルから脱出
するため、先に今月号を読むことにしてみました。

で、今月号('13年3月号)はPE特集。
1301cover

BASSER部屋にも書かれていたとおり、なかなか読み応え
のある内容でした。
長年使っているPEですが、改めていろいろ勉強になりました。

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

今月('12年4月)号のBASSER

今月号(2012年4月)のBASSERはフック特集。

なんだかんだいっても、フックは最終的な魚との接点ですから
(相手が生きものである限りゼッタイはないにしても)
かけてとる確立をあげるための考えや工夫は必要でしょう。

あたったのに掛からない、というのは精神衛生上も
よくありませんからね~(^^;

本編には載せていないという編集部BLOGの記事
なかなか参考になりました。
あわせて読んでおくといいかも。

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

お勧めの本 追加

ページ左にある「僕のお勧めの本」に「スモールマウス徹底攻略」
を追加しました。

読んだ感想は、、、まあ、そういうことです(^^;


人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

今月('10年11月)号のBasser

久しぶりに今月号のBasser。

気になった記事はふたつ。

一つ目は、P.76 並木プロの「日本のアングラーに伝えたいこと」
書かれていることは、ほぼ100%その通りだと思う。
雑誌に書いたきれいごとかも知れませんが、全く同感です。
こういうことをきちんと考えて、それを発信してくれる人が
いることを心強く思います。
願わくば、それを具体的な行動にまでつなげて欲しい。

2つ目、「KVD 王の憂鬱。」
P.109のオダの先を折る話とか、P.111~の逃走。とか。
メディアやネットの進歩によって、プロが対応すべきことが本来の
「釣り」の要素だけではなくなっている話。
「生き残るのは強いものではなく、賢いものでもなく、
変化に対応できるもの」という言葉を思い出させます。

プロの世界で勝ち続けることは、とてつもなく大変なことなんだなと思います。
そして、次号に載るはずのAOYは、やはりKVDでしたね。
昨年と同じ結末に、スキートリースの心中やいかに。
来年こそ何とか勝ってもらいたいという判官贔屓にもなろうってもんです。
AOYといいながら、ポストシーズン2戦で決めるのはやはり違和感がありますネ。

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

SLAPING

明日には先月号になっちゃいますけど(^^;
久しぶりに今月号(2010年3月)のBASSER。

バルサ製のバグリーの役割がプラスチック製のRCに取って
代わられたというような記事がありましたが、その中で
スラッピングという言葉が出てきました。

ハードベイトのフックが拾ったウィードや、草、葉っぱ、
藁くずみたいなのを「水面に叩きつけてきれいにする」こと。
実際よくやりますがあれって、スラッピングというんですね~。
初めて知りました(^^;
SLAP=ぴしゃり(と); 平手打ち(を食わす)

それとは別に、GPSや魚探の性能が上がったことで
プラや釣りかたが変わったという話もおもしろかったです。
確かにGPSを使うと、ピンで場所に入ることは簡単になりますから
あとはどれだけ事前にマークしておいて、そこをいかに効率よく
回るかが勝負になるなんて話しでした。
いい魚をたくさん釣るにはそれなりの投資が必要
という話にもなり、いいんだか悪いんだかわかりませんが(^^;、
確かにそうだと思う。

バス釣り業界再編の話や、トーナメントへの不況の影響
なんていうのも日本ではほとんど報道されない話題なので
なかなか興味深いです。

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

お年玉

な~んにもしなかった正月モードもそろそろ終わり、通常業務再開です。
まずは、遅ればせながら、、、「本年もよろしくお願いいたします。」

と、しばらく書き込みをしなかった間に、ちょっと得した気分
=自分へのお年玉みたいなネタがふたつありました。

ひとつめ。
自他共に認める?開高ファンの私ですが、
Kaiko

'89年の没以来、すでに全ての著作を読んだものと思っていましたが、
年末に古本屋で手に取った1冊「日本人の遊び場」。
ページをめくると、アレ?初めてかも。。。
タイトルは知っていたのでこれも読んだと勘違いしていたようです。
Nippon
さっそく購入。電車の中や昼休みに読むのはもったいないので
ちゃんと家で正座してページをめくります。

これだっ!!
事物を冷静な目で見通して、ひねり出した「一言」の後ろに、
膨大な知識の片鱗が見え隠れ。
物事の本質をズバッと言い当てていながら、ちょっと斜に構えた、
でも優しさのある物言い。
あっちこっちへ飛躍する発想と比喩の妙味。
あぁ~、これぞ開高節!
いたずらっぽい上目遣いをしながら、ちょっと甲高いあの声で
しゃべっている姿が浮かんできそうです。
新しい「開高健」を味わえたことに感動。

ふたつめ。
退屈なのでゲームでもやろうかと、子供のゲームがたくさん入っている
ラックを見ていると、、、あれ?並木敏成氏のビデオがある。
T.Namiki’s BASSIN’ ROAD 2003年アメリカFLWツアー全記録
Namiki

買ったことすら忘れていましたが、某ネットショップの注文履歴を
見ると、'04年に買ったらしい。。。
さっそくセットして再生。やっぱり見た事ないですね(^^;
物忘れもここまでくれば立派でしょ。

で、中身は、半年間?の密着取材のおかげで、
雑誌でよく見るアメリカのトーナメントの様子や、湖などの
映像はいいです。まさに百聞は一見にしかず!

ただし、、、編集はだめかも。
まず、本人のコメントの声がボソボソしすぎてよく聴こえません。
おまけに、でてくる字幕が湖の状況やそれまでの経緯など、
話していることとは違うことが表示されていることが多いので、
聞けないし、読めない(^^;
さらに、タックルデータのテキストが左上に出てきたりした日にゃ、
何処見て何を聞けばいいんだかさっぱりの、めちゃくちゃです。

いまの編集技術ならもう少し見やすいビデオにできたんじゃ
ないかと思うと、素材がいいだけに残念です。
ま、なんだかんだいっても思いがけず興味深いビデオを、
見ることができました。
フリッピングとかうまいですね~(^^)v

どっちも、去年のコートを1年ぶりに着てみたら、忘れていたお札が
ポケットにあったのを見つけたような感じ。
自分にとっていいお年玉でした。トサ

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (2) | トラックバック (0)

今月('09年12月)号のBASSER その後

BASSERにJBの記事が載ってないという記事を書いた後、
なぜですか?と編集部にメールをしたら、翌日(今日)返事が来ました。

「入稿スケジュールの関係で今月号に間に合わなかったので
トップ50の最終戦の記事は来月号に載せる予定です。」
とのことです。

取材もしてたし、載せなくなったわけでもないということが
分かり、それはそれで一安心なのですが、、、

今まで何回か(批判的な?)メールをしたことがありましたが
一度も返事が来たことが無かったので、返事があったこと
自体に驚きです(^^;

人気blogランキング


書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

今月('09年12月)号のBASSER

今月号のBASSERにはJBの記事がありません。

JBトップ50桧原湖戦のころ、某プロのブログで、某誌の取材は
無かった。というのを見ていたので、どこのことかと思っていたの
ですがBASSERだったんですね。

毎月、アメリカのトーナメントと並び、楽しみにしていた記事
だっただけに残念です。

理由はなんなんでしょ?

編集方針を大きく変えたなら、しかるべき説明があってもいいと
思うのですが、BASSER本誌にも、つり人社のWEBにも今のところ
説明らしきものは出ていないようです。

読者なんて関係なし?
なんだかな~って、感じです。

この件に関し、ご存知の方いらしたら、教えてください。

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

おもしろそうな本みっけ

一昨日、CDを1枚Amazonに注文するとき、数日前にBasserで
見たのを思い出して、ついでに注文した「バス釣りの「はてな?」大解決!」
が今日届きました。

こっちが1章から4章の目次。
Hate1

こっちが5章から10章。
Hate2

タイトル見ると面白そうでしょ~。
ついつい買ってしまいましたヨ。
今をときめくあの人も執筆者の一人として名を連ねています。

自分なりに答えを持っている質問も多数ありますが、
バス釣りに「絶対」はありませんから、はは~ん、たしかに
こういう意見もありだねと参考になることも多々あります。

もっともこれだけの数の質問を、208ページの本にしているので
ツッコミ不足と思われるものもあります。

って、まだ全部読んでいませんが(^^;

人気blogランキング

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧