« ジャガイモの収穫 | トップページ | FNS-60ULSⅢ その後 »

梅雨空の桧原湖

木曜夜出発。
西日本に被害をもたらしている気圧配置の影響か、
栃木から福島にかけて、怖くなるほどの激しい雨でしたが、
それを抜けた桧原湖の翌朝は穏やかな曇り空になりました。

1807064

8時過ぎ、スタート。
減水時期ですが、この雨で再び増水したのか、前回(2週間以上前)に比べてまだ
それほど減っていません。水温は21度ちょっと。

シャローからすぐにチビが釣れました。
1807061

その先、スポーン場になりそうなところからはすでに魚の気配が消え、
釣れるのは、どシャローにいるチビだけのようです。約1時間で4チビ。

これやっててもしょうがないので、次のステージへ。

スポーン場の沖側のブレイクから、浅いところのハンプ、深いところのハンプまで
、、、約2時間半、さっぱりだめです(^^;
ベイトも映らないし、まだこれじゃないみたい。

そういえば岸辺にはエビがたくさん+アフターなら縦スト=ウィードでしょ。
と、次はウィード探しなんですが、これもパッとしない。

プラス水通しでどうだ?
水中の張り出しにあるウィードを思い出して行ってみると、
いい画がでたところで、案の定ヒット!
1807063

なんですがあとが続かず。
場所はあってそうなんですが、どうすれば釣れるのか?
いろいろやっているうちにすでに14時前。
帰りの予定があったので、検証の続きはまた次回ということにして終了。

人気ブログランキングへ

|

« ジャガイモの収穫 | トップページ | FNS-60ULSⅢ その後 »

バスフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/66910536

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空の桧原湖:

« ジャガイモの収穫 | トップページ | FNS-60ULSⅢ その後 »