« 月がとっても青いから | トップページ | ご無沙汰です »

桧原湖最終回

10月22日の桧原湖は朝の気温が0度。
ピキーンと張り詰めた空気は、すっかり冬の朝です。

1610220

もっとも日が昇れば、穏やかな晴れで気持ちのいい1日でした。
出足が悪かった紅葉も、ここに来てやっと色づいてきました。
おそらく今週から来週くらいがピークでしょう。
1610221 1610222 1610223

で、釣りのほうですが、相変わらず釣れる魚が見つかりません。

1610224
ここが稼ぎ時とばかりに走り回る、ばんだい丸の引き波攻撃を受けながら
2回入った場所も含めて、たしか11箇所を回りましたが、約4時間やって、
あたりが1回のみ。それも乗らずに終わりました(^^;
この時期どうやって釣ればいいんだっけ?

キャンプ場も今週で店じまいとのことなので、今シーズンはこれで終わりかな?
今年は春の減水から始まって、あまり調子が出ないまま(自分的には)
終わりそうです。もう少し寒くなったら、ワカサギ釣りに行くことにします。

ところで、、、
ここ数年の桧原湖は、以前ほど数は出ない代わりに、魚の大型化が進んで
いると実感しますが、これって本当にいいことなのかな?
小さい魚が育っていないとは考えられない?

自分も含めた一般の釣り人は(2011年で減って以降)また増えてきているように
感じますし、トーナメントの開催も多く、それ関係のボートがいない週はありません。
釣り方も年々進化しているようだし、それらを総合すると、魚へのプレッシャーは
確実に高くなっているだろうと思います。
産卵期も含めて釣りをしている自分も環境への負荷を与えていることも確かですから
もちろんトーナメントだけが悪いわけではありません。が、抜かれて運ばれた魚
(当然いい魚が多い)は、戻って翌年の産卵活動に復帰しているのだろうか?

きれいな景色の中で、元気なスモールが釣れる桧原湖の釣りも、今までのように
自然の回復力だけに頼っていては、いずれ厳しい時代がくるかもしれません。
そうなる前に、例えば以前池原ダムでやっていたように、スポーニング時期の
釣り禁止エリアの設定とか、そろそろなにか考えてもいいのではないかと、、、
あまり釣れなかった今年は思いました。

じゃ、おまえは釣りに行くなっていうのは無しネ(^^;

人気blogランキング

|

« 月がとっても青いから | トップページ | ご無沙汰です »

バスフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/64388294

この記事へのトラックバック一覧です: 桧原湖最終回:

« 月がとっても青いから | トップページ | ご無沙汰です »