« 久しぶりの桧原湖 | トップページ | なかなか厳しい »

ショットロック

記念すべきこのBlog、1000個目の記事はショットロックです。

自分的に桧原湖でもっとも使用頻度の高いスプリットショットリグですが、
細いライン(3lb)を使うので、どうしてもショットのズレとラインの傷が気になります。

過去にもいろいろなショットを試してみましたが、付けはずしのしやすい
柔らかい鉛だと、感度の点で難あり。

そこで、ある程度硬さのあるポピュラーなウォーターグレムリン製に
戻るのですが、きつくしめると今度はラインの傷が心配(^^;

で、ずれないようにクルりんと1回転してからそこそこの力で挟むと、
今度はズレないけど移動がしにくいし、ラインがスリットの端を通るので
よれる、という問題が。。。

で、よれ防止にヨリモドシを入れると、今度は移動(リーダーの長さ調整)が
できないし、ノットが多くなって手間だし、強度が心配。
Shot1

と、あちらを立てればこちらが立たず。
なんかいい方法ないかな~?
と、釣具屋であっちこっち見ていたときに、発見!しました。
DECOYのSHOT LOCK。
Shot2

簡単にいうと、ラインに細いゴム管を通してその上にショットを
かませるというものですが、これいいかも(^^)v
Shot3
しっかり固定できるのでずれないし、ラインにやさしいし、移動もできる。
さらに、ラインをショットの真ん中を通して固定できるので、よれない。

と、自分がスプリットショットの固定に求める、すべてが実現できそうです。

人気blogランキング

|

« 久しぶりの桧原湖 | トップページ | なかなか厳しい »

タックル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/61981852

この記事へのトラックバック一覧です: ショットロック:

« 久しぶりの桧原湖 | トップページ | なかなか厳しい »