« 池原 道路情報 | トップページ | せごし »

池原にいってきました

海の日の連休に毎年恒例の池原釣行にいってきました。
釣りをしたのは金、土の2日間。

今回は台風8号の雨で増水し、その後少し戻してマイナス9mくらい。
例年より多少透明度が高いかなといった状況でした。
14ike0
(木曜夕方、白川大橋から)

初日(金曜)の午前中は前鬼と白川。
例年の定点観測地点、前鬼入り口を釣ってみて、
あたりは小さい、かなり深いところまで落とさないと食わない
と、今回はかなり渋いことをまず理解しました。

14ike1
前鬼の中流で食ってきた37cm。悲しいことに結果的にこれが今回の最大魚。
リアクションぎみのバイトでした。

白川筋は流木多数。深瀬谷付近の流木帯は突破しましたが、
放水口の手前の流木は半端ない(^^;
それ以上の遡上はあきらめて、下りながら中流まで見ていきます。
14ike2_2

白川の中流には小バスが群れている場所があって
こういうサイズならいっくらでも釣れると思いますが
いいサイズがなかなか見つかりません。
14ike3

午後からは坂本筋。備後との合流付近でやっと少しまともなサイズです。
14ike4

夕方、スタンプで釣った、、、これはまだプリですね。
14ike7_2

初日の印象としては、全体的に渋い。
釣れるのは流れのあたる岩盤の、それもかなり深い場所かな?
それと、まだ遅いスポーンがらみの魚もいるようでした。

2日目(土曜)は、この日から参加の仲間と同船。
もう疲れちゃってるので「どこでも好きな場所釣って~(^^;」
とほとんどおまかせ状態。

前日の印象を話しながら前鬼から白川下流域、平成をまわり、
申し訳程度に小バスを数匹。

午後からはペアを変え、平成のスロープから坂本筋に行きましたが、
1時間もしないうちに「豪雨!」
14ike6
久しぶりに池原らしい豪快な雨でした。

ズブ濡れになりながら(レインウェアを着るヒマも無い)逃げるように
桟橋に帰り着き、ろくな釣りができないまま、2日目は15時頃しゅうにょ~。

2日間で30匹くらい釣りましたが、いいサイズは同船者にばかり釣れて
自分はさっぱり(^^; 今年は(も?)、なかなか難しい印象でした。

でも、池原はやっぱり魅力のあるフィールドです。
来年は通い始めて20周年。
どんな魚と出会えることか、もう今から楽しみです。

人気blogランキング

|

« 池原 道路情報 | トップページ | せごし »

バスフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/60033005

この記事へのトラックバック一覧です: 池原にいってきました:

« 池原 道路情報 | トップページ | せごし »