« たばこ いろいろ | トップページ | 釣り再開 »

電熱器で燻製

いままで燻製作りの熱源には下記を使っていましたが、それぞれ
長短があります。

七輪
 ○出来上がりが香ばしくて非常においしい(遠赤効果)
 ×木炭、練炭、豆炭とも温度管理が非常に大変
 ×炎が安定するまでに時間がかかる
  
ガソリンストーブ(ツーバーナとか)
 ○手軽
 ○強い火力
 ×長時間使用では途中でポンピングが必要
 ×微妙な温度調整が難しい(弱火、トロ火不可)
 ×いつのまにか燃料切れ

ガスコンロ(台所にあるやつ)
 ○いちばん手軽
 ○火力の調整が容易で安定
 ○燃料補充の必要なし
 ×決定的にダメなのが、家の中が燻製くさくなる(^^;

今回は冷凍を解凍した素材だったので失敗したときのインパクトが
少なくなるよう楽をしようと、電熱器(電気コンロ)を使ってみました。
Dennetsu

電熱器は、以前は家庭の食卓でけっこう普通に使われていたように
思いますが、最近はカセットコンロや電磁調理器にその座を奪われて
すっかり見かけなくなりました。
今回も、ホームセンターや大手電気店をまわって5件目でやっと
買うことができました。おお、懐かしいフォルム!

で、実際使ってみた感想。
 ○手軽
 ○火力(温度設定)が安定。600W・中300W・外300Wの3通り
 ○燃料補充の必要なし
 ○意外と安い電気代(6時間使っても100円以内だと思う)
 ×特にない

燻製スタート時の予備加熱用には、300Wで50度以下、
全ONの600Wで70~80度がキープできます。
ただし長時間600Wだと90度以上になってしまう時があったので
たまにON/OFFまたは300Wへの切り替えは必要。

いずれにしろ温燻では温度管理が重要だし、出来具合を見ながら
時間を調整するので、たまの温度確認くらいやらないわけには
いかないので上記のことも許容範囲。
電熱器はかなり燻製作りに適した道具だと思います。

で、無事できあがりうまかったです!
13sakekun
あれ?写真がちょっと変な色。

人気blogランキング

|

« たばこ いろいろ | トップページ | 釣り再開 »

タックル」カテゴリの記事

コメント

旨そうな燻製ですね
電熱器とは目の付け所が素晴らしい
私もやってみようかしら

投稿: らんた | 2013.11.26 23:15

らんたさん、こんにちは。

電熱器は燻製作りでは意外とポピュラーみたいです。
あと、お餅が焼けるのがいい(^^)v

ですが、それ以外の用途(鍋とか)だとやはり他の道具の方が
適しているようで、今風ではないのかもしれません(^^;

電熱器燻製、お手軽です。
らんたさんもぜひチャレンジしてみてください。

投稿: たくる | 2013.11.27 22:07

こんにちは、とてもおいしそうですね
来年はぜひ、わが家にも
おこぼれが、あずかれるといいですね

うちのにゃんこにも、あげたいです

寒くなってきましたから
風邪引かないといいですね

ではでは

投稿: にゃんた | 2013.12.07 11:31

にゃんたさん、こんにちは。

って、どなたでしょう?
わが家にも? うちのにゃんこにも?
もしかしてこの前一緒に飲んだ方かな~?

ま、それはともかく、
猫に、塩はよくないらしいですよ。
うちではあげません。
うちのねこは刺身はマグロと、たまにカツオは
食べますが、鮭鱒はたべません。わがままです。

投稿: たくる | 2013.12.07 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/58636267

この記事へのトラックバック一覧です: 電熱器で燻製:

« たばこ いろいろ | トップページ | 釣り再開 »