« 東北も梅雨明け | トップページ | 光と影 »

水の上の光る道

この前の桧原湖でのこと。

大雨に打たれながら釣りをしていると、湖面にそこだけ白く光る道の
ようなものがいくつかあるのに気付きました。
Amemiti1 Amemiti2 Amemiti3

はじめは、海でいう潮目のようなものかと思いましたが、水質の違う
水がそんなに細かく入り組んでいる状況とも思えないし。。。

吹き抜ける風が湖面に模様を描くことはありますが、いつまでも
消えないのでそれでもなさそう。。。

不思議だなぁ~と思いながら釣りを続けていて、気付きました。
もしかして自分が通った跡!?
その後、釣りをしながら見ていると、どうやらそれが正解のようです。

普段、水の悪いときに泡の軌跡が残ったり、通った跡がなんとなく
残ることはありますが、ここまではっきりしているのは珍しいかも。

雨と、光の具合、他のボートの引き波が無いなど、いろいろな条件が
重なって現れたのだと思いますが、不思議な光景でした。

とりあえず「水の上の光る道」としておきますが、
こういう現象にもなにか名前がついているのかなぁ?

人気blogランキング

|

« 東北も梅雨明け | トップページ | 光と影 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/57933711

この記事へのトラックバック一覧です: 水の上の光る道:

« 東北も梅雨明け | トップページ | 光と影 »