« レモンどらやき | トップページ | やるときゃやります »

へたこいた~! (長文注意)

霞ヶ浦に流れこむ某川の上流で、強風で釣りにならずに
早上がりした撤収中にそれは起きました。

いつものようにカヌーを岸にずり上げ、車に戻りライジャケを脱いで、
車を水辺にもってきて、
エレキをはずして車に載せて、
ロッドを、、、「あ、さっき切れたままだった。次のときのためにリグっとこう」
と車の方を向いて1、2分。よしオッケ。
さて、次はバッテリー、、、と振り返ると、ぬっ、ぬわんとっ!カヌーがありません!

一瞬、わが目を疑いましたが、顔を上げてわかりました。
カヌーが私に断りもなく、勝手に出航しています(^^;
いつもの感覚で上げておいたカヌーが、強風で流されてます。
約10m先を、楽しそうにドンブラコドンブラコ。
すぐそこなのに、どうしようもありません。

頭の中が真っ白。財布も携帯も乗せたままです。
そうこうするうちにもどんどん遠ざかっていきます。
こんな時期ですから他にボートなんか誰もいません。

オロオロしながら考えて、とりあえず車をロックして、土手の上から
追跡することにしました。
うまくすれば、風で岸に寄ってきたところを捕まえることができます。

しかしここで問題が。川幅は約80m。下流はもっと広くなるはず。
橋があるのはここと、さらにずっと下流に行かないとありません。
もし向こう岸についてもどうすることもできません。
なのに、約200m下ったところで、無情にも向こう岸に近付いていきます。
Hyouryu

ここで、天の助け!
川をまたぐように走る工事中の高速道路のこちら側の橋げたの上で作業を
している人がいます。そしてちょうど対岸にも同じような人影が見えます。
「お仕事中すみませ~ん! 向こうの人に連絡つきますか?
船が流されちゃって向こう岸に着きそうなんですけど」
はじめは、なんだこいつ?という顔をして手を止めてくれた人も、
流されるカヌーを見て状況がわかったようで、すぐに携帯で対岸の人に
伝えてくれました。
「届いたら、つかまえてくれるってさ~」

助かった! と、思ったのも束の間、そんなやり取りをしている間に、
また徐々に川の中央に戻ってきてしまいました。

「ああ、あれじゃ無理だね、届かないね」
「ですね。すいませんでした。何とかします。お仕事中スミマセンでした」
とはいってもどうすればいいのやら。
最悪、霞まで出ちゃうのか?そうなったらもう118番通報しかないな、、、絶望的!

ボートが来れば大声で助けを求めて回収してもらえるかも。
先回りして、だれかボートを探すか。
でも、いったい何処まで行けばそんな人がいるのやら。
そんなことを考えながら、少し先まで進んで振り返ると、
あれ?流れてこないな?

そうです。さっきの接岸しそこなった反動と風で今度はこちら岸、
カーブのアウトサイドに向かって川を横切り始めました。
いいぞいいぞ。その調子だ!
こい!戻って来い!
↑天才心臓外科医、医龍と同じ(^^;

来い!来い!
土手を駆け下りて、藪をこいで水辺に出ます。
想いが通じたかのように、こちらに近付いてきます。
さらに近付いてきます。

がぁ、3mほど先に、1本の杭が頭を出しているのに気付きました。
あれにカヌーの真ん中より前の方が当たれば、流れに押されて
こちらに船尾が回り込み手が届く。。。
しかし、船尾側があたればはじかれて、また流れに乗ってしまう。。。
微妙な位置で近付いてきます。。。

、、、願いもむなしく、あたったのは船尾側。
杭でカヌーが止まりズリっズリっと再び流れに出て行きそうです。
すぐ目の前にあるのに届かない。

このチャンスを逃せばもう次はない
人間っていざとなるとすごい行動するもんですね(^^;
車にライジャケを置いてきてしまったことを一瞬後悔しましたが、
今しかない!泳ぐつもりで水に飛び込みました。

幸い深さはモモくらい。1歩2歩進んで、手が、、、届いたーーー!

岸に寄せて、今度こそ流されないように全部陸の上に上げ終わったとき
思わず力が抜けました。助かった。。。

Hyouryu2
(遠くに見えるのが工事中の橋げた)

チャップンチャップンのニーブーツで約300m、財布が入ったバッグだけ
もって車を取りに戻ります。
途中、さっきの工事の人がいます。
「どうでした?」
「おかげさまで捕まえました。ありがとうございます。」
「良かったですね」
「ほんとヘタやっちゃいました(^^;

と、ここで気付きました。緊張で口の中がカラカラです。
もっていたポカリスウェットのうまかったこと。

車を持ってきて、気合で土手を引っ張り上げ下って、今度こそカヌーを
積んでようやく撤収が終わりました。

長年釣りをしていますが、こんなことは初めてでした。
何とかなったからよかったようなものの、あれでつかまらなかったら
どうなっていたか、ほんとに泳ぐことになっていたらどうなっていたか
今考えると冷や汗が出ます。

皆さんも注意しましょうね(←お前にいわれたくないって?(^^;)

あ、もうひとつ。着替えはいつも積んでおきましょうね。
今回は、それが大いに役にたちました(^^;

人気blogランキング

|

« レモンどらやき | トップページ | やるときゃやります »

バスフィッシング」カテゴリの記事

コメント

読んでて自分も
焦りました(@_@)
無事に回収できて
良かったですね(^_^;)

この時期はポンツーンボート
じゃないんですね!?

投稿: よっぽん。 | 2010.12.13 12:32

よっぽんさん、こんにちは。

いや~、やってしまいましたよ。
フロのときは必ずフォールディングアンカーを
使うのですが、今回は油断しました。
よっぽんさんも気をつけてくださいね。

そうそう、若い頃は?フロのオフは1~2月くらいで
冬でも浮いていたんですが、最近は軟弱になってます(^^;

投稿: たくる | 2010.12.13 22:32

久々にたくるさんのネタが炸裂ですね。
翌週もネタですね。
さすがたくるさん…ww

しかしヲメです。

投稿: らんた | 2011.02.01 01:16

らんたさん

楽しんでいただけましたか?

別にネタを造りに釣りに行っているわけではないのですが(^^

いやぁ、いろんなことがあるもんです。

投稿: たくる | 2011.02.01 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/50279810

この記事へのトラックバック一覧です: へたこいた~! (長文注意):

« レモンどらやき | トップページ | やるときゃやります »