« 雨中ドライブ | トップページ | やっぱり秋 »

スモールとエサ

春は水深30cmくらいの陽だまりの温かい所にエビがたくさん
いるのが見えます。
スポーニングでシャローに寄るバスとリンクするし、遅い動きは
低水温期のバスでも追いつくので、エビがメインベイトだと思います。

スポーニングシーズンが終わってバスが徐々に沖に出ると
ウィードまわりが良くなってきます。エビが着いているのでしょう。
ただし、今年は猛暑の影響かウィードが少ないように感じます

本格的にワカサギの群れが現れる8月くらいからは、ウィードより
ベイトフィッシュを探した方がいいように感じます。
ワカサギは、年によって出現の時期が多少前後しますが
今年は水温が高いので、いつもより少し遅れてバスのエサと
しては今頃がピークなのかもしれません。

かつては、見ようによってはエビにもワカサギにも見える
ロボリーパーがシーズンを通して好調でしたが、ここ数年
あまり反応が良くないのでマイフェイバリットも変わってきました。

7月に釣ったスモールが吐き出したエビ。
0724ebi

9月に釣ったスモールが吐き出したワカサギ。
0911sagi

スモールマウスバスの食性については、
裏磐梯バスフィッシング情報
食性が詳しいです。
自分が釣りをしていて思っていたことと、かなり近い内容なので
読んでいて納得がいきます。

人気blogランキング

|

« 雨中ドライブ | トップページ | やっぱり秋 »

バスフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/49425470

この記事へのトラックバック一覧です: スモールとエサ:

« 雨中ドライブ | トップページ | やっぱり秋 »