« 少し紅葉 | トップページ | 円高傾向 »

偏光

↓水深50cmくらいの場所を、偏光無しで見るとこんな感じですが、
Hen1

↓偏光ごしに見るとこんな感じになります。
Hen2

沈み岩や、自分で巻き上げた泥の濁りがよく見えます、
黒っぽい場所はウィードです。

スモール狙いだとバンクを釣ることはあまりないし、桧原湖の
透明度は高くても3mくらいなので、普段釣っている4m以上の
深さだと見えませんから、魚を直接見るというという目的では
偏光グラスの必要性はあまり高くないかもしれません。

ただし、春は水中が見えたほうがいろいろ便利だし、夏場は
ウィードやハンプの場所が分かるし、減水してからは浅い
場所を避けて通るのにやっぱり必要。
ルアーを追ってきた魚や、ファイト中の魚を見るのにも役立ちます。

人気blogランキング

|

« 少し紅葉 | トップページ | 円高傾向 »

タックル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/46373605

この記事へのトラックバック一覧です: 偏光:

« 少し紅葉 | トップページ | 円高傾向 »