« 晴耕雨読 | トップページ | 越谷のショッピングモール »

田植えとバス釣りの関係

3月に入ると水温が徐々に上がって、桜の季節には
バスもだいぶ釣りやすくなってきます。
そのまま、自分的には1年の中でもよく釣れる時期と
思っている「梅雨」まで調子が上がっていけばいいのですが、
毎年その前にガクンと釣れなくなる時期があります。

それは「田植え」時期。
関東地方だと、特に兼業農家ではGWに田植えをすることが
多いため、その頃の「川」はなかなか厳しい状況になります。
暑くもなく寒くもなく気候はさわやかだし、休日はあるしで釣り
するには最高の時期ですが、全然釣れないということもよくあります。

以前から感覚的に、泥水と農薬の影響だと思っていましたが、
実際のところどうなのかネットで探すといろいろ出てきます。
農薬散布
お米ができるまで
農薬はいつ散布しているの?

GWに田植えをするなら時期的にはピンポンです。
ただし、全部の田んぼがいっせいに代掻きをするわけではないので
水のいいところを探せばまだなんとかなります。
が、これも最初の内だけで、いったん泥水が広がってしまうと
農業用水用に水位を上げた川は流れが緩く濁りが取れるには
時間がかかります。
懸濁性物質魚類のエラを閉塞させてへい死させる原因となる。
とあるとおり、魚にとっては厳しい状況です。

さらに、代掻き状態で「農薬(除草剤)を撒く」という記述があったり
実際には田起こしをする前、すでに畦の草が見事に枯れている
場所もあるので、そんな農薬も代掻き水に混じって流れているの
ではないでしょうか。

農薬といえばもうひとつ。田植えのあとに散布する除草剤。
実際、以前農作業(田植え)をしている人に全然釣れないと
話をしたら、このあと1週間たったら農薬を撒くと言っていましたので
これも普通に行われることらしいです。
釣り人の間で、「農薬が入った。全然駄目」といわれるのが
きっとこれで、田植えの濁りが多少落ち着いてきたなと思っても、
また見事に沈黙するときがあります。
除草剤の安全性がどの程度のものか知りませんが、まぁ、水の中で
暮らす魚にとってはマイナス要素になることはあってもプラスには
ならないと思います。

ちなみに私は農家ではないので、稲作の本当の大変さも知りません
から農薬を使うことの是非を言うつもりはまったくありません。
ただ、そういう環境の変化も知った上で釣りをした方が、より正解に
近い釣りができるかなと思うだけです。

と長々と書いてきましたが、これってGWに釣れない時のいい
言い訳になるでしょ(^^;

人気blogランキング

|

« 晴耕雨読 | トップページ | 越谷のショッピングモール »

バスフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/44942506

この記事へのトラックバック一覧です: 田植えとバス釣りの関係:

« 晴耕雨読 | トップページ | 越谷のショッピングモール »