« 携帯で信号紅炎 | トップページ | 雪中ドライブ »

たろうの試練

家の周りに出没する子猫のたろう

最近発情期の猫特有の声を出すようになってしまいました。
どうやらメスだったようです。
野良ですからこのままでは、家で赤ちゃんを産むように
なってしまうかもしれません。
避妊しないとね、なんて事を話したのがつい何日か前。

今日家に帰ると、車庫にゲージがおいてあり、中でたろうが
寂しそうな声を出して鳴いていました。

「どうしたの?」と聞くと、今日カミさんが避妊手術に連れて
行ったそうです。
私は全然知りませんでしたが、いろいろ調べて一番親切そうな
隣町の動物病院でお願いしたそうです。
22K円といっていました。
さすが、女性はこういうことには行動力がある。と感心しつつ
ちょっと可哀想な気もしましたが、責任を持って子猫を飼うことが
できないなら、これも仕方ないことです。

改めて様子を見に行くと、食欲も旺盛でなんとか大丈夫そう。
つらいだろうけど少し辛抱してもらったら、また自由にして
あげるから。頑張れ、たろ子!

そもそも野良猫にしてしまうような人が猫を飼う資格はないと
思います。一番つらいのは猫本人、じゃなくて猫本猫ですよね。

人気blogランキング

|

« 携帯で信号紅炎 | トップページ | 雪中ドライブ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/44114415

この記事へのトラックバック一覧です: たろうの試練:

« 携帯で信号紅炎 | トップページ | 雪中ドライブ »