« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ごーや

庭に植えているキュウリやゴーヤが今、最盛期です。

毎日、何本も採れます。
取れはじめの頃はうれしいんですが、大好きな
ゴーヤチャンプルーもあまり続くと飽きてきます。
Yasai

そんな時は、緑のところをすりおろして、リンゴ半分くらいを
すりおろしたのとあわせて、漉して氷を浮かべると
夏場にスッゲー効きそうなジュースになります。
ハチミツをたらしてもOK。

これで夏バテ知らず!のはず。

人気blogランキング

日常 | | コメント (0) | トラックバック (1)

ミヤマクワガタ

昨日の桧原湖。

水面でもがく何かがいるので、虫パターンの元に
なってるセミか?と近づいてみると、りっぱなミヤマ
クワガタでした。
Kuwa

とりあえずすくい上げてボートの上に乗せておいたら
いつのまにかいなくなっていましたが、撤収時に
エレキのマウントから出てきました。

キャンプ場にいた子供のグループに「これあげるよ。
ケンカしないでね」と差し出すと、みんな欲しいんだけど
怖くて手が出せない。
「どうやって持つの゛~っ?!」とパニック状態。

ったく、ちかごろの都会っ子は(^^;

しばらくして
「わぁ、いいなどうしたの?」
「あの”オヂサン”にもらった~」
という声が聞こえてきました。
まぁ、お兄さんは無理だろうけど、、、やっぱりオヂサン
なんだよな~。。。

人気blogランキング

日常 | | コメント (3) | トラックバック (0)

'07JB トップ50第2戦 桧原湖

昨日(7/21)の桧原湖はTOP50第2戦桧原湖でした。
いつも浮いているあたりにも、でかいボートがたくさん来ました。

みなさん、水深6~8mと思われるところに張り付いて
前回(去年)とは違って、けっこうスローな釣りをしている人が
多かったようです。
Boat

遠くで見ていると誰が誰だかよくわからないのですが
特徴のあるボートに乗ってる人は分かりますね。
Ono_1

小野プロは水深4mくらいで粘って何匹か釣って
その後もう少し深いところで、さらに粘っていたようです。

トーナメントだと、普通の釣りと違って、他の選手との場所争いが
熾烈です。
動いたあとで釣られるとつらいだろうし、あとから入ると好きな場所が
釣れないし、移動のタイミングも重要なようです。

朝は20艇近くいたボートも少しずつ離れていって
最後は10艇くらい?
Boat2

優勝した瀧本選手はどこで釣ったのか、今後のレポートが
楽しみです。

人気blogランキング

トーナメント | | コメント (0) | トラックバック (0)

台風4号と池原

池原に行ってきました。

日本一の多雨地帯といわれるところに、台風4号の影響で
活発化した梅雨前線から、それこそ滝のように雨が降ります。

行き帰りに通る169号も、台風の進路(雨量)によっては
いつ通行止めになるか分からない状況での釣行でした。
169
写真は、今年の冬、死亡崩落事故があった現場
大規模な補強工事がいまも続いています。
それ以外にも、崩落止めの壁、落石防止ネット、シェルター
など、あぶなそうな場所がいくつもあります。

釣りは大事ですが、命のほうがもっと大事。
今回は台風直撃の前に予定を繰り上げて帰ってきました。

人気blogランキング

情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

100キロマラソン

昨日の桧原湖の帰り。
猪苗代湖の西を走っていると、マラソンっぽい集団(と呼ぶには
随分バラけている)が現れました。
100km


なかには、ヘロヘロの人や、座っている人もいて随分遠くから
来た雰囲気です。

猪苗代湖1週でもしているのかと思いましたが、あとで調べてみたら
100kmも走るんですね~。
大会地図によると見たのはちょうど真ん中くらいの場所だったので
あの状態からあと50kmも走るのか!
残りは比較的平坦な道ですが、あの時点ですでに
裏磐梯を越えて来ていたんですね。スゴイ!

15時間で100Kmだと時速6~7km/hをキープすれば
と、頭で考えればいけそうな気もしますが
あれ見たらゼッタイ自分には無理です(^^;

でるのに14000円必要らしいし、人の価値観っていろいろですね。


人気blogランキング

日常 | | コメント (0) | トラックバック (0)

1万

最近、ろくに釣りにいけていないので、
数ネタが多いような気もしますが(^^;

ここにも一応アクセスカウンタなどあるのですが
(左下のほう)いつのまにか1万を超えたようです。

最近「AR45」の検索結果から来られるかたが
多いようです。やっぱりスモールのシーズンだから?

人気blogランキング

日常 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »