« Fish Cat Streamer XL- IR その4 | トップページ | Fish Cat Streamer XL- IR その6 »

Fish Cat Streamer XL- IR その5

とりあえず、浮かぶことはできました。
Oar
オール受けの脱落防止用に買っておいた、Rピン。
これはピッタリはいってOK!
次は固定されているオールのブレードの調整。
オール受けのボルトを緩め、左右のブレードが同じ角度で
水に入るようにオールシャフトを回転させ、調整します。これもOK。

しばらくオールを使っていると、漕ぐ度にキーキー言うように
なってしまったので、あとで1枚ワッシャーをかませることにしてOK。

ロッドを何本か乗せる時、左右の開いたスペースに置くのは
邪魔だし、落とす危険性があるので、ロッドホルダーが必要ですね。

帰りにいろいろ探して、とりあえずフックつきの大きな洗濯ばさみを
フレームの前方、小型のカラビナを後方につけることにしました。
FrontRear
交換のたびに多少面倒ですが、バットを前の洗濯ばさみチップを後ろのカラナビに通すと、いい感じでフレームの外側(ポンツーンの脇)に吊るすことができます。
Side_1
水面からの距離も取れるので、濡れることもなくいい感じでOK。
しばらくはこれでいってみようかと思います。

釣りをしているときのオール。ブレードを水から出して後ろに
上げておくと、持ち手の部分がキャストの邪魔になります。特に右側。
Up
オール受けを作ればいいのでしょうが、もっと簡単な
解決方法発見。使わないときは、オールを抜いて、
シートの横に横たえておけばいいことに気づきました。
さっそくやってみるとGood!でした。が、次に移動しようとセットして
いるときにRピンが飛んでいってしまいました。水没(^^;
これは、落としてもぶら下がるようにラインでしばっておく
事にしてOK。

あとは魚探のトランスデューサーの固定。
ポンツーン自体にテーパーがついているので、従来の
カムストラップでの固定では移動しているうちにいつのまにか
ずれてしまうことに気づきました。
次はここを何とかしなければ。。。

人気blogランキング

|

« Fish Cat Streamer XL- IR その4 | トップページ | Fish Cat Streamer XL- IR その6 »

タックル」カテゴリの記事

コメント

かなりマニアックになってきましたね。
ボート要らないじゃないですかぁ。笑
私のHを引いて下さいませ。

投稿: らんた | 2007.04.24 23:51

らんたさん、毎度!

いろいろなあーだこーだを解決しないと
おいそれと乗れるものではないことが
分かってきました。それもまたたのし。

いい季節になってきたので、そろそろ
らんたさんも浮きたくなってきたんぢゃ
ないですか?

陸上もいいけどたまには水上もネ。

投稿: たくる | 2007.04.26 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/14809294

この記事へのトラックバック一覧です: Fish Cat Streamer XL- IR その5:

« Fish Cat Streamer XL- IR その4 | トップページ | Fish Cat Streamer XL- IR その6 »