« Fish Cat Streamer XL- IR その2 | トップページ | バリバリ »

Fish Cat Streamer XL- IR その3

P3280169_r
家の中ではいまいち感覚がつかめないので、
翌日もう一度庭で組んでみました。う~ん、カッコいい(^^)v
が、ここまで薄々気づいてはいたのですが、あえて考えないように
していた問題点がひとつ。それは移動方法です。
これだけ大きいとすべてセットしてから持ち上げるのは、本体だけなら何とか
なりますが、エレキやアンカーまでセットするともう無理、だと思う(^^;
P3280171_r

さあどうする?考えた選択肢は2つ。
1 バラバラに運んで水辺でセットする
2 セットしたまま運べる工夫をする
です。

1はそのままできるのでお手軽だけれど、距離があると何回も
往復しなければいけないのでイマイチ。で、2の方法もできるように
なんとかすることにしました。

まず思いついたのが、アルミで使っているボートドーリー。
実際やってみると、ちょうどうまくセットできる位置にフレームが
ないし、固定もできない。仮になんとか固定したとしても高さが足りなくて
ポンツーンを引きずってしまいます。没!

だったら専用のフロータードーリーなのですが、
別のメーカー用のは売っていますが、つけるためにはフレームに
穴あけが必要。あけた場合の強度も心配なので、これもパス!

こうなったら自作です。
P3280177_r

いろいろな寸法を測ってから、ドイトに行って店の中を何回も
行ったりきたりして使えそうなものを探していると、、、ありましたっ!
台車か何かに使う用のタイヤ。
これを元にああやってこうやってと、頭の中で設計図を書きつつ
板と、ボルト・ナット、ベルクロを購入。ここまでで週末おしまい。

平日の夜、2日もかかって電動ノコとドリルでトンカンやって
完成したのが、ドーリー1号!フレームを受けるところの加工なんか最高だね!
P4010139_r
で、次の週末セットしてみると、、、高さが全然足りません(^^; 設計ミス!

高さを稼ぐために、長いボルトに変えて、板を足して、ドーリー2号!
P4010141_r
焼け石に水(^^; 板1枚2cmですから~。 
この方法では解決できないことにやっと気づいて、根本的に
設計見直しです。

高さを稼ぐためにどうするか。。。今度は別のホームセンター。
あきらめ半分で探していると、あったーーーーー!
なにかの踏み台980円。これならいけそうです。
ひっくり返して、フレーム受けとタイヤに固定して。。。
さっそく毎週の日曜大工!
P4010149_r
そして3号目にして、ついに完成、フロータードーリー!
ためしにセットしてみると、完璧です! 
簡単な着脱。自由に取りまわせる必要にして十分な高さ。
ハンドリングに追随するクイックな転回性能。
でこぼこをものともしない悪路走破性。そしてダサいスタイリング。
これならどこまでだって押していけるぞー!!!

って、水辺までいければ、いいんですけどぉ。ボソッ

ちなみに「イレクター」という部材を使うとこういう自作はかなり簡単に
できるらしいことはあとで知りました。

まだ続く。

人気blogランキング

|

« Fish Cat Streamer XL- IR その2 | トップページ | バリバリ »

タックル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/14605656

この記事へのトラックバック一覧です: Fish Cat Streamer XL- IR その3:

« Fish Cat Streamer XL- IR その2 | トップページ | バリバリ »