« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

入会13周年

先日niftyから「【入会13周年】ご利用ありがとうございます」と
いうタイトルのメールがきました。

そういえばここ何年か、年に1回このメールが来てるかもしれません。

13年周年ということは、'93年頃からネットに出入りしてたわけですね。
ずっとnifty一筋です。当時はインターネットなんて無いですから、いわ
ゆるパソコン通信と呼ばれる閉じた世界で、それもテキストだけで
やり取りしてました。ダイヤルアップで2400bpsのモデムで課金を
気にしながら。もちろん写真も、動画も、音も無し。。。
それでも今よりはるかに熱いやり取りがされてたような気がします。
フォーラムとかPATIOとかオフとか懐かしいな~。

パソコン通信のnifty-Serveも今や@niftyというISPに進化しましたが
当時知り合った何人かは、今でも友達づきあいをしています。
もしパソコン通信が無かったら、今の自分の釣りは随分違ったものに
なっていただろうな~。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤バッタ

今朝、庭の草の陰で発見しました。
赤いバッタです。初めて見ました。
他にも目撃例があるのでたまにはいるのかもしれません。
Batta

緑の中で非常に目立ちました。
羽が生えていないので、そもそも奇形?

以前、青いザリガニ(本当に真っ青)を捕まえたことが
ありますが、自然界には不思議なこともあるもんですネ。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け

9月18日の夕焼けです。
Yuuyake
自然って、美しいですね。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06JB トップ50第4戦 桧原湖

9月16日の桧原湖。
ちょうどTOP50第4戦の2日目でした。

いつも釣っているエリアにも結構ボートがいて
プロの釣りというのを間近に見ることができました。

朝からずーっと一箇所で粘るボートがいます。
4艇くらいでシェアしていたでしょうか。
1艇はまったく動かず、そのほかのボートはその周りを
微妙に移動。
Nebaru_1さらにそこに他からボートが入ってくると、
微妙なポジション取りにしのぎを削っている様子。
がまん比べに痺れを切らし?あるいはもっとストロングな
パターンを求め?出て行くボートがいるとまた位置が変わる。

ビデオクルーが乗っているのは前日の上位?、それとも
スカパーあたりに出てくる人気選手?
釣れるとポーズとったり、それはそれで大変そうでしたが。 

別の場所には1箇所をずーっと回っているボートがいます。
すごいコンフィデンスです。実際、釣ってるし。
そこに後から入ってきたのは、ベテラン?
微妙に割り込んでる風にも見えます。
Nebaru2_1
ただ釣りするだけじゃなくて力関係というか、心理戦と
いうか、釣り以外の部分にもいろいろ気を使うんでしょうね~。
ちょっと近寄りがたい雰囲気です。 


広いエリアを流しながら釣る人もいます。
その手返しの速さ、移動のは速さは想像以上です。
本当に休むまもなくキャスト、リトリーブを繰り返します。
投げることで確立をあげるというのがよく分かります。
そんなひとりが相羽プロ。(Walk on the Water「釣る」'06年9月16日
Aiba_1
今回は3日目2位まであげましたがトータルでは
おそらく残念な結果になってしまったようです。が、ぜひまたがんばってもらいたいです。

自分が全然釣れないあの状況でも、ちゃんと釣ってるんですから
やっぱりトッププロってのはすごいなぁ~と思った1日でした。
っつーか他ばっかり見てないで、真剣に釣りしろよって?>オレ(^^;

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の風景

この時期になると、猪苗代のまわりで
一面まっ白なそばの畑をよく見ます。
そろそろ新そばの季節がやってきます。
Image_1

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東播野池群

東播の野池のことは聞いたことがあって名前は知っていましたが、
先日雑誌である記事を読んだのをきっかけに、地図を見てみたら
ほんとにすごいんですね~(@@)
まさにこのあたりを「東播」というのでしょうか?
ため池ミュージアムなるサイトまでありました。

単純に考えれば、これだけ池があったら毎日楽しくって
しょうがないと思うんですが、やっぱりブラックだなんだと
風当たりもつよいのでしょうか?

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓の山

福島県のある場所。

いつも何気なく通っていましたが、
よく見ると、これって「お墓の山」なんですね。
Tomb

なにかの風習なのでしょうか?
まっ平な田んぼの真ん中にポッコリあるのでかつては古墳だったとか?

昔、台湾で似たような光景を見てびっくりしたことがありますが
(もっと大きな山で、ひとつひとつのお墓もデカかった)
山に墓地というのはなにか理由があるのだろうか?
そういえば西多摩霊園なんかも、山ごと全部墓地ですね~。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »