« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

桧原湖の入漁券

去年、黄緑色だった入漁券、今年は水色です。
遊漁料は変わらず1000円。
Omote

放流量が若干変わった以外は特に変更なし。
16
17

見比べてみると、ワカサギの量が54,030万粒から403,631千粒に
ものすごく増えてると思ったら、単位が違うんですね(^^;
5億4千万粒が4億飛んで3百万粒に。ということは今年のほうが
1億以上減ってるのか~。ヤマメが一万尾増えて、ウグイは約1/3。
何を根拠に増減させてるんだろう?謎だ~。

そういえば今年は一度も入漁券のチェックに来ませんが、
漁協の人、忙しいのかな?

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

indigo blue2

去年から注目しているindigo blueの待ちに待った2ndアルバムが
8月23日に発売になるそうです。今から楽しみ。
シングルはもう出てるそうな。明日ダッシュ買いです。

あまりのうれしさにメンバーのblogにコメントしたら
コメント返しされました(^^)V

indigo blue、いいんだから~。興味のある人はぜひ聞いてみそ!

公式サイト
いきなり音楽が鳴るから要注意。安全な場所でアクセスしてちょ(^^;

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金山納豆

先週だったかTVで、白河の金山納豆がウマイ!と
いう話を見まして。。。白河なら、いつも通ってるじゃんと
いうわけで、昨日探してきました。

そんなにうまいんじゃ、まぼろしっぽいのかと思いましたが
とりあえず大きなスーパーに行ったら山積みで売って
ました(^^;
販売地域が狭いだけで地元では普通の納豆みたいです。
Natto

一個(90g)40円。
ミニ(50g)3個パック144円って、ミニ3個パックのほうが高いじゃん?
と、よく見たら、ミニ3個パックにはタレがついているようです。

とりあえず両方買ってきました。
あけて驚くのは、まず豆が非常に小さいことです。
そして混ぜてみると、固まり方がソフトで非常に繊細な感じ。

味は。。。確かにおいしいです。癖がなく豆の持つ
味わいがそのまま出ているとでも言いましょうか。
粘りも強い納豆です。醤油でもいいですが、やはり
専用のタレで食べたほうが味が引き立つ感じです。

納豆シリーズということで、昨日は喜多方のスーパーで
会津の高田納豆も買ってきました。
Natto2
こちらは、しっかりした大きな豆で、味は少し香ばしい感じが
します。いわゆる昔ながらという感じの納豆でした。

どちらもおいしい納豆でした。
っていうか~、基本的に納豆好きだからぁ~、
どれでもおいしいジャンってかんじぃ~?(^^;

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月号のBASSER

毎度おなじみ「今月号のBASSER」。

ビッグフィッシュ自慢もいいんですが、一番
興味深かったのがあのダグ・ハノンの記事。

多少お歳を召されたようですが相変わらず
ご健在のようで。。。
そして「マイポンド」まで持っているそうで。
いっひな~。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綱引き

先々週、根がかりで放棄したアンカー。。。
Pet

まだそのまま残っていました。
もしかして?と力の限り綱引きしてみましたが、
相変わらずガッチリ根がかっています。
大きな木が途中まで浮いてきましたが、
それ以上は無理でした。

う~ん、いい働きしてるな~(^^;

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビニテ

トランスデューサーをエレキにセットするとき
水道用の自在バンドだとしっかり固定しすぎて
岩とかにぶつけたときに壊れる可能性があるので
Band
すぐに外れるように、ビニールテープを使います。
カヌー用エレキとフローターで一個のトランスデューサーを
使いまわしているので取り外しが簡単という理由もあります。
Tape


ただ、このビニールテープにもいろいろあるようで。。。

ホームセンターやコンビニにある一個70~100円くらいのものは
まったく問題ありませんが、百均の3個100円のとかは、粘着力が
非常に弱くて、巻いてるそばからはがれてきます。
ちょっと何かにぶつかっただけであさってのほうを向いてしまいます。
やっぱり値段が3分の1だから、接着剤も3分の1?(^^;
トランスデューサーのためにはいいのでしょうが、いまいち!

これを書きながら、マジックベルトもいいかなとフト思いました。
今度やってみよ。

人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »