« LOTO6 | トップページ | 今月号のBASSER »

少年

昨日、まさにカヌーで出ようとしたその時、
チャリンコバサーがやって来ました。

中学生くらいでしょうか?
小さなタックルボックスに、ロッド1本。

「すみません。ここ○○っていう所ですか?」
「そうだと思うよ」
「ここ、バス釣れますか?」
誰かに釣れると聞いて遠くからここまできたらしい。

「う~ん、夏ならこの辺まで水があって釣れるけど、
 ほら、今全然水ないでしょ」
「そうですね」
「水ないから、魚いないの丸見えでしょ」
「やっぱり、そうですか」 と妙に寂しそう。

「この時期もう少し水深があるところでないと厳しいよ」
「どこかこの辺で釣れるところないですか?」
と、ほんとに寂しそうに言うのですよ(^^;

「ほら、あそこに橋があるでしょ?」
「○○橋ですよね」
「そう。あの橋渡って向こう側に行って土手の道を。。。」
と、行き方を説明。
「あそこだったら水深のあるところにも届くかもしれない。
 けどちょっときついかな~」
「そうですか。。。」 とがっかりしてる様子。

あまりにかわいそうなのでなんとか釣れるところはないか
と考えて、、、そうだ!
「ほらむこうに変な形した屋根があるでしょ?
 あのもっと向うに○○橋と言うのがあるんだけど
 そこだったらこの時期でも水深あるし、オカッパリでも
 狙えて、実績もあるよ」
「あそこですか?」
「いや、もっと向こうのあの屋根」
「あ、あれですか」
ぱっと顔が明るくなって
「いろいろ教えてもらって、ありがとうございました
 すごく参考になりました」

という話があって、分かれました。

ああいう、礼儀正しくて大人ときちんと話ができる
子供って、最近少なくなったような気がしますが
その後どうしたかな~? あの少年。
立派な釣り師に育って欲しい。

と、人のこと心配する前に、まず自分が釣れよって
話はこっちに置いといてぇ(^^;

人気blogランキング

|

« LOTO6 | トップページ | 今月号のBASSER »

バスフィッシング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

きちんと話ができる子供…
そういう子どもに出会えると本当にうれしいですよね。
私は逆に凄く丁寧に小学生にポイントを教えてもらったことがあります。(釣れませんでしたがToT)

我々大人が言葉遣い、マナーなどしっかりしないとって思います。

投稿: buyu | 2005.11.27 09:56

buyuさん、こんにちは。初めまして。
コメントありがとうございます。

さすがにこのご時世ですから、いまだに
釣りしてる人はそれなりに真剣な人で、
マナーも良くなってきてるとは思い
ますが、なかにはヒドイのもいますからね~。

われわれ大人も次の世代に釣りができる環境や
マナーをしっかり伝えていきたいものですネ。。。


投稿: たくる | 2005.11.28 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89735/7234330

この記事へのトラックバック一覧です: 少年:

« LOTO6 | トップページ | 今月号のBASSER »